ポケモンGO

ポケモンGOに行き着くまでのポケモンと私の歴史

2016年7月22日、日本全国で非常に多くのポケモンレーナーが誕生しました。
ポケモンGOが日本でリリースされた日です。
原作をプレイしている既存ポケモントレーナーは勿論のこと、新規でポケモンの世界に身を投じた方も多いのではないでしょうか。

早々とインストールをし、街中や会社でキャッキャ言いながらプレイしている人を多く見かけました。
当日、何故かインストールしなかった過去の自分に理由を問いたいところです。
とは言え数日後、その人気に便乗しインストールしたことは言わずもがな。

ポケモンGOのリリース後、インストールはしたものの、どうもその時はやる気にならず放置気味でした。
運動嫌い・面倒くさがりといった個人要因が大元でしょう。
結局、ポケモンゲットも程ほどにレベル9でやめてしまいました。

が、しかし、今ではポケモンGOをエンジョイしています!
今では毎日プレイしていますね。
ポケモンGOを起動しない日はありません。
いわゆる復帰勢です。

私とポケモンの関係は初代に遡ります。
ポケモンシリーズ初の作品となる赤・緑が小学生の時に発売されました。
当時はなかった、モンスターを集める、そして戦わせるといった革新的なシステムが話題となり、子供を中心に人気の火が瞬く間に広がりました。
当然、私も心躍らせお小遣いを貯めに貯めて、ゲームボーイ本体と共にポケモン赤を購入しました。

余談ちなりますが、ゲームボーイ購入時、財布を握りしめ、意気揚々と家を出る直前、母親に「100円持っていく?」と聞かれ全く意図がわからず「いらねーし」と返答。
店頭で購入の際に丁度100円足りず、意気消沈しながら100円を貰いに帰ったのはいい思い出です(笑)

話を戻します。
ポケモン赤を購入後、学校以外の時間はほぼ全てプレイに費やしたと言っても過言ではないでしょう。
目の前にあるモノクロの画面には151種類のポケモン達が存在する新世界が広がっているのですから。
モンスターを見つけ、捕まえ、集め、育て、戦わせる。
当時こんな楽しいゲームはなかっただろう。
友人とのポケモン交換や対戦も白熱しました。
ゲームボーイではケーブルを有線接続しないと交換や対戦ができないなんて今の若い世代にはわからないでしょう(笑)
時間というコストを払い苦労に苦労を重ね150匹コンプリートした報酬が「おめでとう的文章のみ」というのも今思い出すと笑みがこみ上げます。
今では考えられませんがバグ技なんかもかなり多かったです。
レベルを一気に100にしたり、アイテムの数を増やしたりなどなど。
とにかく出来ることが多く、楽しみ方は無限大でした。

その後、金銀も発売されたが他のことに夢中になっていたせいかスルー。
次に購入したのはBWでした。
ここで、種族値・努力値・固体値を覚えたのが運のツキ?
こうなると時間はただただ吸われる一方です。
時間吸引ゲームはなはだですね(笑)
そこからは通信対戦を取り付かれたようプレイしたのを覚えています。

しかし、仕事が忙しくになるにつれ、時間の捻出が難しくなり徐々にポケモンをやらなくなってしまいました。
新シリーズが出ても中々手が出ず仕舞いでした。

時間は経過し話は冒頭に戻ります。
転記が訪れたのは2018年9月。
当時、家に自転車がなかったのだが、子供の保育園入園を控え購入を決意。
子供を後ろに乗せられる設計になっている電動式のママチャリと、家族で出でかけられるようもう一台街乗り用の自転車を購入しました。
記憶が定かではないですが、この時に自転車に乗ったのはおよそ7年ぶりの出来事です。
移動速度が劇的に上がったこと、移動範囲が広がったことに喜びを覚えたました。

そして、自転車を活用して何かできないかを考えました。
答えは単純明快。
「運動不足を解消しよう」
ただし、引きこもり体質に目的もなく外出するのは苦行の以外の何者でもないのです。

もうおわかりでしょう。
ここでポケモンGOの登場となります。
自転車に乗る目的は運動不足の解消。
外出の目的はポケモンを捕まえること。
ここまでお膳たてすれば引きこもり体質でも玄関のドアは軽くなるだろう!
すぐさまポケモンGOをインストールし、晴天の空へ吸い込まれるがごとく家を飛び出したのであった~!!

ABOUT ME
アバター
パパラ
インフラSE兼業ブロガー。 ブラック企業脱出のため幾度となく転職活動をし無事脱出。 無料でフリーターや第二新卒向けに就職転職支援サービスやってます。是非活用してください。 > お問い合わせ 一部記事を別サイトに移転しました。 今までやったこと: 投資(株・FX・投資信託)、youtuber、バンド(ヴォーカル・ギター)、DTM(ボカロP)、生配信、一児の父。 まだまだ色々挑戦したいお年頃。