パパ育児

無痛分娩ってどうなの?自然分娩も体験した看護師の経験談とメリデメ

ママエ
ママエ
今回は私、ママエがお送りします!

長男を自然分娩、次男を無痛分娩で出産した経験からお話させていただきます。
もちろん出産に正解はない!とゆーか、ママが選んだ方法が正解!

でも、悩んだり迷ったりしている方や配偶者の方にも
参考になればと思いキーボードを叩いています。

パパラ
パパラ
長男を出産した時は無痛分娩なかったもんね
ママエ
ママエ
そう、選択肢がなかったから悩む理由もなかったの

私の勤務先が自宅から徒歩圏内の大学病院だったので、
そこで出産する以外考えていませんでした。
当時その病院は無痛分娩を行っていなかったのです。

長男は出産直前まで逆子で、帝王切開の予定で手術の日時まで決まっていました。
しかし、帝王切開前日にゴロンとひっくり返り自然分娩に。

パパラ
パパラ
逆子での出産はリスクがあるって聞いてたからハラハラしたよ
ママエ
ママエ
急すぎて本当にびっくりしたねw

まさかの展開ではありましたが、帝王切開が決まっていたので
陣痛に対する心構えがありませんでした。

ママエ
ママエ
陣痛は本当に辛かった…。
生理痛の100倍位の痛みかな??
それ以上かも。途中でやめたいと何度も思ったw
パパラ
パパラ
本当に辛そうだったもんね。
「旦那さんに腰さすってもらいます?」って
看護師さんに聞かれて即答してたねw
ずっとさすってた覚えがある

丸1日つら~~~い陣痛に耐えて無事に長男を出産。
そして3年後、次男妊娠時に病院が無痛分娩を開始!!
迷わず無痛分娩をお願いしました。

ママエ
ママエ
自然分娩、無痛分娩の両方を経験した私は無痛分娩をおすすめします

ということで無痛分娩のメリットとデメリットをまとめました。

無痛分娩のメリット

①本当に痛みを感じない!

無痛分娩は背中から細い管を入れ、そこから麻酔をします(硬膜外麻酔)。
管を入れるのも痛みはありませんでした。
麻酔の前に促進剤で陣痛を促すので、
あの痛みがジワジワと始まってくるのですが、麻酔を開始した瞬間に痛みがゼロに!

無痛すぎて、ベッドに横になって携帯いじってましたw
子宮口全開になるまでの数時間は暇なので、夫にも帰ってもらいました。
「産まれそうになったら連絡するねー」って余裕発言!

長男の時は、一晩中側にいて腰をさすってもらってたのに。
ちょっと食事で離れるとかも嫌だったのに!
えらい違いでした!!

②産後の回復がはやい!

上述した通り、無痛分娩は痛みに耐えることがないので体の疲れも最小限です。
自然分娩の長男の時は産後、疲労困憊で部屋に案内されるや否や爆睡でした。

一晩一緒にいた夫も部屋のソファで口開けて寝てました(笑)
そして翌日からは授乳で眠れなくなるので、本当にフラフラです。

無痛分娩をした次男の時は、みんな元気!
翌日からの睡眠不足からは逃れられませんが…。

③予定が立てられる!

無痛分娩は麻酔科医、産科医が揃っていないとできないため予約制です。
なので出産日を事前に決めます。

産まれる日をこちらが決めてしまうのは自然ではない!
と否定的な方もいると思いますが、考え方はそれぞれでいいと思います。

私にとっては出産日がわかっていることはありがたい事でした。
理由は夫と長男が出産に立ち会えたからです。
(今は新型コロナで難しいと思いますが)

生まれたての次男を抱っこした長男の笑顔は忘れられません。
長男の保育園にも予め、当日は産まれそうになったら夫がお迎えに行くこと、
産後1ヶ月は私が送迎できないので保育時間の変更がある旨を伝えられました。
おかげで保育園の先生方もかなり協力してくれました。




無痛分娩のデメリット

①費用が高い

無痛分娩は、自然分娩の費用プラス10万円位かかります。
私はもう絶対に無痛分娩がよかったので、お金より自分の希望を優先しましたが…まぁ高いですよね。

②無痛分娩にできない場合がある

病院にもよりますが、出産日よりも早く陣痛がきてしまった場合は
自然分娩になる病院が多いです。
必ずしも麻酔科医が対応できる訳ではないからです。
なので、無痛のつもりだったのに陣痛に耐えなければならない状況もあり得ます。

最後に

自然分娩にも無痛分娩にも、それぞれメリットもデメリットあります。
最終的に決めるのは出産をするママです。
その時の自分の気持ちと、ライフスタイルに合った方法で、
可愛いベビーに会えるといいですね!!




ABOUT ME
パパラ
インフラSE兼業ブロガー。 ブラック企業脱出のため幾度となく転職活動をし無事脱出。 今までやったこと: 投資(株・FX・投資信託・仮想通貨)、youtuber、バンド(ヴォーカル・ギター)、DTM(ボカロP)、せどり、生配信、二児の父。 まだまだ色々挑戦したいお年頃。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です