パパ飯

箱根湯本駅「山そば」でランチ!自然薯とろろそばが名物だけど月見蕎麦食べてきた

本日は出張で箱根湯元に行ってきました。

仕事じゃなきゃ観光したいところですね~。

駅を出てから山と川の大自然が全力で歓迎してくれる箱根湯元には、案の定観光客が非常に多く、賑わいを見せていました。 

思いのほか若者の観光客が多いんですね箱根。

女子5人組グループやすごい髪色(紫?)の人やパンクロッカーだろその格好!?っていう若者も混じってましたw

カップルなんかも非常に多かったです。

当然、お年寄りや外国人も多く色んな層の観光客を獲得している印象でした。

事前調査の結果、直吉さんの湯葉御前がおいしそうだったので、
お昼に食べる予定だったのですが行ってみてビックリ。

1時間20分待ち・・・。

観光客と思しき面々でひしめき合っていました。

中にはキャリーバッグを持っている人も。

さすがにこれは厳しいと諦め、町をプラプラ。

観光地のお昼時はどこも混んでいます。

箱根に来たんだからなんとなく和食が食べたいという謎の思考で、和食が食べられるお店を血眼で捜すこと数分。

発見したのが「山そば」さんです。

箱根湯本の大通り沿いで、駅からも近く行きやすい場所に店を構えています。

休日は行列必死の人気店だそうです。

平日の13時過ぎだったせいか待ちは女性2人の1組。

2,3分待ってすぐ入ることが出来ました。

2階の座敷で相席を案内されましたが、大きいテーブルなので気になりません。

前に他客がいる形ですが十分なスペースがあります。

メニューはと・・・とろろ、月見、天麩羅どれも食べてみたい。

これぞ蕎麦屋といわんばかりの置き型のおしながき。

写真がないのでメニュー選びは悩みます。

店頭にサンプル商品があるので予めチェックしましょう。

ここは安定のとろろそばか月見そばということで数分悩みましたが、卵の魔力に負け、月見そばの冷たいものを注文。

後で知った話ですが自然薯のとろろそばが名物とのことでした・・・。

次回はとろろそばで決まりだね!

待つこと数十分、先に刻みねぎとわさび、小皿とれんげが届きます。

その後、メインの月見蕎麦が登場!

でで~~~ん!

う、美しい!

シンプルな月見そばを想像していたので届いてビックリ。

綺麗な模様で、かつ、大振りのお皿の中には、蕎麦の上にちらされた刻み海苔、その隣に添えられたぜんまい。

そして、広がった大根おろしの絨毯の上には月見が堂々と佇んでいます。

そして、隠れているたけのこに、なるとが色を添えます。

見た目にもおいしいとは正にこのこと。

色鮮やかなのでインスタ映しそうですね (インスタやってないけど) 。

それでは、早速いただきます!

実食

刻みねぎとわさびを投入した後たまごを割り、大根おろしとつゆを蕎麦に絡めズルルル~。

うまーーーーい!!

蕎麦自体はコシが程よくあり丁度いい歯ごたえ。

めんつゆは程よい甘み。

大根おろし、ねぎ、卵・・・これは言わずもがなの組み合わせ。

とにかく味のバランスがいいです。

ここでぜんまいも蕎麦と一緒に頂きます。

ズルルル~。

ん~これも甘みがあっておいしい。

こういう緑色の野菜はそんなに好きじゃないのですが、そばと合わせると相乗効果を発揮します。

むしろ、この蕎麦になくてははならない食材では?と思わせてくれるほど。

数分でペロリ。

途中でそば湯が出てきましたが、つゆはそのままでも美味しく完食。

非常に美味しかったです!

箱根湯本駅、自然薯とろろ蕎麦が名物の「山そば」さん

観光や出張で訪れた際は足を運んでみてはいかがでしょうか!

ABOUT ME
アバター
パパラ
インフラSE兼業ブロガー。 ブラック企業脱出のため幾度となく転職活動をし無事脱出。 無料でフリーターや第二新卒向けに就職転職支援サービスやってます。是非活用してください。 > お問い合わせ 一部記事を別サイトに移転しました。 今までやったこと: 投資(株・FX・投資信託)、youtuber、バンド(ヴォーカル・ギター)、DTM(ボカロP)、生配信、一児の父。 まだまだ色々挑戦したいお年頃。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です