パパ育児

ニンテンドースイッチは何歳からできる?3歳児の息子にやらせてみた結果

うちにはニンテンドースイッチ(パパ用)があります。
数年前、スプラトゥーン2をプレイしたくて買ったものです。

3歳になったばかりの息子と遊んでいる時にふと思いました。
「息子と一緒にゲームできたらめっちゃ楽しくない?」

息子とゲームをやる、息子とサッカーをやる、息子と飲み交わす…。
男の子の父親になると、成長とともにできるであろうことを思い描きますよね。

思い描いた夢の一つ、「一緒にTVゲーム」は3歳という年齢でできるのか!?

ということで3歳時の我が息子にニンテンドースイッチやってもらいました。
うちでできるソフト別にまとめました。

スプラトゥーン2を3歳児の息子にやってもらった

スプラトゥーンとは、任天堂より2015年5月28日発売のWii U専用のアクションシューティングゲーム・対戦アクションゲームです。

4対4のオンライン対戦形式、インクを塗って自陣を確保していく戦略性など画期的なシステムとかわいらしいキャラクターが人気を博し、大ヒットしたゲームです。

その続編がスプラトゥーン2です。
2017年7月21日にニンテンドースイッチで発売されました。

僕は無印のスプラトゥーンからドハマリしたのでスプラトゥーン2も買ってやりこみましたw
スプラトゥーンについて色々語りたいところではありますが、記事の趣旨からそれてしますので詳細は各自で調べて頂ければと。

スプラトゥーン2の操作性

最低限必要な基本操作のみリストにしました。

Lスティック 移動
Rスティック 視点変更
押し込むとスペシャルウェポン
ZL イカ潜伏。自分の色のインクのみ。
ZR 使用武器ごとに変わる。
シューター:インクショット
ローラー:連打で振る、押しっぱなし+移動塗り
チャージャー:長押しでチャージ、離すとショット
R ボム・サブウェポン
B ジャンプ

非常に使うボタンが多いですね。
最低限必要な操作しか載せていないので、使うボタンはまだあります。

しかし、最低限の操作さえできればある程度ゲームをプレイすることはできます。
これさえできれば我が子も…!

スプラトゥーン2を実際に息子にやってもらった結果

スプラトゥーン2には様々なプレイモードがあり、今回はオフラインでできる「ヒーローモード」をやってもらいます。
一般的なゲームでいうところの「ストーリーモード」です。

やってもらう前にパパが説明しながら手本を見せます。
その後、息子にコントローラーを渡し、「ここを押すとこんな風になるんだよ」という風に操作を教えます。

最低限覚えればゲームプレイしている感はでる、インク発射(ボタン)と移動(スティック)を最初に教えました。
次に視点移動(スティック)とイカ潜伏(ボタン)を付け加える形。

3歳時の息子はスプラトゥーン2をできたのか!?

ボタンとスティックを彼なりにポチポチしています。
しかし、操作しているキャラはあらぬ方向に…。

床がない底抜けへ落ちてしまうこと5、6回。
やはり難しいのか。

めげずにやり続けるので、再度インク発射とイカ潜伏をレクチャー。
なんとなくキャラの移動とインク発射はできるように。

そして、固定の的にインクを当てることができました!
パパンちょっと感動。

しかし、3才児ではここらへんが限界ですね。
移動とインク発射はできますが、イカ潜伏や視点変更はできず。

ゲームの目的を理解できていないのでなかなか難しいです。
難しいながらポチポチと真剣にやっていたのが印象的でしたw

ということで結論として、3歳児にはスプラトゥーン2は難しい!とう結果になりました。




ファミコンを3歳児の息子にやってもらった

ニンテンドースイッチでオンライン対戦を楽しむには「Nintendo Switch Online」というサービス(月額300円、バリューパック有)への加入が必要です。

僕はスプラトゥーン2をやるためにNintendo Switch Onlineに加入しています。
Nintendo Switch Onlineに入会すると付帯サービスとしてファミコンで発売されていた過去のソフトを、無料でプレイできるのです。

しかも、プレイできるソフトは多く現時点(2019年7月14日)で47本ものソフトが無料で遊べます。
更に、毎月ソフトが追加されるという嬉しい特典つき。

遊べるソフトで代表的なものは以下です。

  • ゼルダの伝説
  • スーパーマリオブラザーズシリーズ(1・3)
  • ドクターマリオ
  • 魔界村
  • くにおくんシリーズ(ドッジボール・ダウンタウン)
  • 星のカービィ
  • ドンキーコング
  • ツインビー

30代、40代にはクリーンヒットな作品群ではないでしょうか!
個人的にはスーパーマリオブラザーズ3は、小さい頃にかなりプレイした記憶があります。

懐かしいな~と思いつつ、ファミコンのソフトなら扱うボタンも少ないし、3歳児の息子でもできるのでは!?と考えやってもらいました。

ファミコンソフトの操作性

ご存知かもしれませんが、上記画像の通りファミコンのコントローラーは以下のボタン構成になっています。

左から

  • 十字キー
  • セレクトボタン
  • スタートボタン
  • Bボタン
  • Aボタン

PS4やスイッチなど今のゲームコントローラーに比べて非常にシンプルですよね。
これなら3歳児でもできるのでは…!?

操作方法はゲームソフトにより異なるので、教えながら息子にやってもらいました。

ファミコンソフトを実際に息子にやってもらった結果

スプラトゥーン2と同様に、ソフト毎に「どうすればどうなる」を一つずつ説明。
ボタンは少ないのでいけるかな~??

3歳時の息子はファミコンソフトをできたのか!?

いかんせんソフトの数が多いので、ソフト毎にできた・できないをリスト化しました。

ゼルダの伝説 なんとなくできた
星のカービィ なんとなくできた
エキサイトバイク なんとなくできた
スーパーマリオブラザーズ なんとなくできたけど、すぐ死ぬからすぐ飽きる
ツインビー なんとなくできたけど、すぐ死ぬからすぐ飽きる
ドクターマリオ できない
ヨッシーのたまご できない

ゼルダの伝説は、移動と攻撃で基本的にプレイが成立しますので、操作を説明すればなんとなくはできていました。
敵が来ても堂々と衝突したりしていましたがw

星のカービィは十字キーで上下左右に動けるのでなんとなくできる感じ。
敵とぶつかっても体力ゲージがあるので、1回で死にません。
その分プレイできる時間は長くなります。

マリオとツインビーは、1度敵にぶつかると死んでしまうので長くプレイすることはできません。
なので、すぐに飽きてしまいます。

ドクターマリオとヨッシーのたまごに関しては、パズルゲームですのでさすがに3歳時には難しいですね。




PSO2を3歳児の息子にやってもらった

PSO2はSEGAが開発した大規模オンラインゲームです。
プラットフォームを選ばず、PC・PS4・Nintendo Switchなど様々なハードで遊ぶことができます。

元々PCでリリースされたゲームですのでオンライン要素が強い作品。
チャットや協力プレイなど、他のプレイヤーと交流しながら遊ぶのが醍醐味です。

アクション・オンライン要素が強いモンスターハンターと言った感じ。

PSO2を実際に息子にやってもらった結果

ニンテンドースイッチのソフト一覧を見てなんでもかんでもやりたがる息子氏。
ファミコンもスプラトゥーンもやり終わった後、PSO2を見つけ「これやりたい~!」。

ということでやらせてみました。

当然できません!
説明は省く!!

3歳児はニンテンドースイッチができるのか?まとめ

ということで3歳時はファミコンのソフトならなんとなくできることはわかりました。
ただ、スプラトゥーンをやらせて見ても、わからないなりに真剣に集中してやっていますw

そんな姿を見るのもかわいいし、できないことをやらせて上げるのもある意味教育だと思ってます。
子供ができないことを出来た瞬間、親は当然嬉しいですが、子供も喜びを覚えるんですよね。
成功体験を積み重ねることにより、自身がついていきます。

そういう、小さな積み重ねを大事にしたいと僕は考えています。
もちろんゲームだけに限らず、様々な成功体験を積み重ねていってほしいですね。

ABOUT ME
アバター
パパラ
インフラSE兼業ブロガー。 ブラック企業脱出のため幾度となく転職活動をし無事脱出。 無料でフリーターや第二新卒向けに就職転職支援サービスやってます。是非活用してください。 > お問い合わせ 一部記事を別サイトに移転しました。 今までやったこと: 投資(株・FX・投資信託)、youtuber、バンド(ヴォーカル・ギター)、DTM(ボカロP)、生配信、一児の父。 まだまだ色々挑戦したいお年頃。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です